催告書が届いたら

催告書

「平成○年○月○日付金銭消費貸借抵当権設定証書に基づく貸付金については、再三の催告にもかかわらずお支払い込みがありませんので、上記契約証書により下記貸付残元金の全部、並びに利息及び延滞損害金等を平成○年 月 日までに払い込み下さるよう催告します。上記期限までにお払い込みがない時は、やむを得ず法律上の手続きをとりますから予めご承知おきください。」

任意売却をしたいのであれば、この様な催告書を受け取ってしまわれたら、早急に対応ください。 支払い期限を過ぎると、期限の利益を喪失し、金融機関・債権者は保証会社に代位弁済を求め、競売の申し立てをして強制的に債権を回収することになります。

  

トラックバック

この記事に対するトラックバックURL:

コメント & クチコミ & トラックバック

コメント、クチコミはまだありません。

コメント、クチコミする

スポンサーリンク