任意売却とは

任意売却とは、住宅ローン等の融資の返済が困難になった債務者と、各金融機関等の債権者とで合意して、不動産を処分する手続きのこと。
不動産を購入するときに、多くの人は住宅ローンを金融機関から借り入れします。金融機関は融資の担保として、購入した不動産に抵当権などを設定しますが、この不動産を売却する際、その抵当権を抹消してもらうこととなります。
抵当権を抹消してもらうためには、住宅ローン全額を返済することが前提です。住宅ローンの残高よりも不動産が高く売却できれば問題はありませんが、残高を下回る金額でしか売れないときには全額の返済ができません。

そうなると、一般的に金融機関は担保不動産を差押え、不動産競売の申し立てをします。この競売によって不動産が処分される前に、金融機関など(債権者、抵当権者)の合意を得たうえで不動産を売り、返済しきれなかった債務を残したままで抵当権を抹消してもらいます。このことを任意売却いいます
この方法は、金融機関にとって、「早期回収」「回収金額の増」というメリットがあります。債務者にとっても、「高く売却出来ることで債務圧縮」「売却後の残債務の支払い方法の緩和措置」というメリットがあります。引越し費用まで頂けるケースもあるようです。

  

トラックバック

この記事に対するトラックバックURL:

コメント & クチコミ & トラックバック

コメント、クチコミはまだありません。

コメント、クチコミする

スポンサーリンク