【任意売却 悪徳業者】と検索される方へ

【任意売却 悪徳業者】
このようなキーワードで検索されている方が多いですね。
このページをご覧いただくことで、任意売却業者の選び方の参考になったら幸いです。

 

ローンが払えなくなってしまい、競売ではなく任意売却をしたいと考えている方は、まずはどこかへ相談することになると思いますが、その際はその業者は信頼性があるかどうかをよく確認することが大切です。いくつかの業者に相談を持ちかけ、どこが一番信頼性があるか、親身に対応してくれそうか、仕事ができそうかを見比べてみるのも良いでしょう。

 

悪徳業者であれば、なにか不自然なところが見つかるはずです。
例えば、話をしていて誠意が感じられない、任意売却の費用や料金について明示していない、適当なことや嘘を言う業者などは、悪徳業者かはともかく、信頼関係が築きにくいという点で、任意売却を任せるのに不適格と言えるでしょう。
また、高額の引越し代を獲得できるなど、過大に期待を抱かせるような業者は要注意です。
最近は、債権者はなかなか引越し代を認めませんし、出してくれても10~30万円がいいところです。
お金で釣るような業者とは取引しないほうがいいでしょう。

 

悪徳業者ではない任意売却の本当の専門家を見つけることが大切です。
任意売却は、住宅ローンなどの借金問題がきっかけであることがほとんどなので、相談先として弁護士や司法書士を思い浮かべる人が多いでしょう。
しかし、彼らは不動産売買の専門家ではなく、法律の専門家です。
任意売却に対して慣れていないことも多いし、不動産取引の実務に暗く、任意売却専門の不動産業者との人脈も少ない人のほうが多いです。
また、債務整理が専門なので、任意売却ではなくまず自己破産を勧めてくるケースも多いようです。
よほどの多重債務者でない限り、任意売却をする前に自己破産をする必要はまずありません。

 

任意売却を相談するなら、やはり任意売却の取引実務や交渉力に長けた、任意売却の専門業者(不動産取引業者)に相談するのがベストです。
任意売却には、一般の不動産売買とは違い、債権者との交渉・調整能力や、できるだけ短期間に買主をみつけ、取引を成立させるフットワーク、さらに弁護士など借金問題の専門家とのネットワークも必要で、任意売却は不動産取引の中でも、かなり難易度と専門性が高いジャンルです。
任意売却スキルが未熟な業者や悪徳業者につかまらないように、しっかり業者を判断しましょう。
任意売却専門家を探すには、DM(競売決定が通告され、配当要求終期の公告がなされるとDMが届くようになります)やホームページなどがありますが、おすすめはホームページを見て、複数社にアプローチすることです。ほとんどの任意売却業者は相談無料です。

 

あなたにとって、良い業者に巡り合えることを祈っています。

 

 

スポンサーリンク


 

  

トラックバック

この記事に対するトラックバックURL:

コメント & クチコミ & トラックバック

コメント、クチコミはまだありません。

コメント、クチコミする

スポンサーリンク